イオンプレーティング編

HOME > メッキなどのQ&A>イオンプレーティング編

イオンプレティーングについてのよくあるご質問集です。

イオンプレーティング編Q&A

メッキとイオンプレーティングの違いは何ですか?
メッキは一般的に溶液中で処理する湿式めっき(ウエットめっき)を指します。これに対しイオンプレーティングは溶液を使わず、装置の中で真空中で処理されます。乾式めっき(ドライめっき)と呼ばれることもあります。
イオンプレーティング可能な素材は?
金属素材が中心になります。ステンレス材や真鍮材、チタン材・銀材などにイオンプレーティングの実績があります。
イオンプレーティングの色はどのようなものがありますか?
グレー、黒、ステンレスに近い白色、金色、ブラウン、ブルーなどがあります。
イオンプレーティングの金色と金メッキとの違いは何ですか?
イオンプレーティングの金色は、耐摩耗性に優れているため、擦れる可能性のある部品に適しています。またチタンでコーティングされているため、アレルギーをおこしずらいという特徴があります。 金の耐酸・耐アルカリ性、伝導性が要求される場合は、金メッキが使われます。

PAGE TOP


ナローバンド ブロードバンド